通気性も確認しよう

レディ

安眠するための寝具

安眠するためには自分にあった寝具を選ぶことが重要です。特に敷布団に関しては、自分の身体にあったものを選ばなければ身体に負担が生じてしまいますので、気を付ける必要があります。敷布団の下に敷くマットレスについては、自分の体重を支えてくれるものを選ぶことが大切です。一般的には低反発マットレスと高反発マットレスがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。身体が一定のところまで沈み込んで全体で身体を支えてくれるのが低反発マットレスであり、高反発マットレスは沈み込んだ後に反発して元に戻る力が加わります。これによって、寝返りが打ちやすくなるというメリットがあります。好みにもよりますが、高反発マットレスであれば、身体全体に均等な圧力がかかります。

高反発のメリット

マットレスを選ぶ場合には、通気性や耐久性なども重要なポイントになります。低反発マットレスは目が詰まっているので、通気性があまりよくありません。通気性が良すぎると冬場に寒くなる恐れがありますが、通気性が悪すぎると汗や水分がマットレスの中にこもってしまいますので、カビが生えたり不快な感じがします。高反発マットレスは基本的には通気性が高いので、衛生的ということができます。また、耐久性の面でも柔らかい低反発マットレスに比べると高反発マットレスの方が優れています。値段がやや高めではありますが、高反発マットレスの方が、反発する復元力によって睡眠時の姿勢の維持に適しており、腰が悪い人の場合は特におすすめです。

RECOMMEND POST